徐々に色づき始める秋の道東1

紅葉は9月頃から北海道の大雪山に始まり、徐々に南下します。
紅葉の見頃の推移を桜前線と対比して「紅葉前線」と呼ばれ完了するまでは約1か月かかります。見頃は開始後20 – 25日程度で、時期は北海道が10月、東北地方が11月、その他の地域は11 – 12月初め頃だと言われております。

紅葉や黄葉が進行する条件には、1日の最低気温が10℃以下の日が続くと色付き始め、さらに5℃以下になると一気に進むとされています。美しい紅葉の条件には「昼夜の気温の差が大きい」「夏が暑く日照時間が長い」「夏に充分な雨が降る」「湿気が少なく乾燥している」などの条件が必要であり、紅葉の名所にはこの条件をよく満たす山岳地帯が多いとされています。

温暖化は全ての生態系に影響を及ぼし、毎年山の色づきを見る事で迫りくる危機を知ることが出来るとされております。

画像『雌阿寒岳と阿寒富士』

十勝・帯広タクシーでのご移動や北海道観光は当社にご用命ください♪

 

1004

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.