世界遺産の知床をタクシー観光しませんか?

観光タクシーで行く、世界遺産の知床をご案内いたします。
 知床は1964年(昭和39年)に国立公園の指定を受けました。知床半島は長さ約70km、基部の幅が25kmの細長い形をしています。中央部を縦走する山脈は千島火山帯に属し知西別岳から知床峠、最高峰の羅臼岳(1,660m)、活火山の硫黄山や知床岳を経て知床岬へと火山列が続き、これを境に西側はオホーツク海、東側は根室海峡の海岸線区域で指定面積は38,633haとなっています。

 山稜部は、ハイマツを主体とする低木林に覆われ山腹は針広混交林が広がり、海岸線は火山の山麓が海蝕により複雑で豪壮な景観をみせてくれます。

 特にオホーツク海に面する斜里町側の海岸線は100mを越える断崖が連続し、フレペ、カムイワッカ、カシュニなどの滝が直接海に注ぎ込み、海鳥類のコロニーなども見られます。

 知床にはヒグマやエゾシカ、オジロワシ、オオワシなどの大型野生鳥獣を初め多様な野生生物が生息しているわが国に残された唯一の原始境の国立公園といわれています。
——————————————————————————–

半島の形成

 知床半島は、新第三紀の火山活動による海底火山噴出物(忠類層、奧蘂別火砕流、越川層、幾品層、ウトロ層、知床層)の基盤上にその後の陸上の火山活動による第四紀溶岩のより半島の骨格が形成されてと考えられています。

 この火山活動を示す地層は、羅臼岳では標高700m付近にまで推積しています。また、これらの火山活動により、半島の各地に知床五湖、羅臼湖等の湖沼群を形成しました。
——————————————————————————–

気  象

 亜寒帯気候に属し、本州に比べ寒冷で降雨量が少ないのが特徴です。知床半島は、高い山が連なり海に突き出しているため局地的に特異な気象現象がみられます。

 夏期の斜里町ウトロ側は比較的高温で降水量は少ないが、羅臼側は海霧の影響を受けて低温で湿度も高い。冬期は羅臼側の気温が比較的に高く降雪も多い。斜里町ウトロ側は流氷の影響を受けて気温が低くなります。
——————————————————————————–

流  氷

 半島周辺は、世界の最も低緯度で海が凍る地域です。

 オホーツク海は千島列島や北海道によって囲まれた、湖のような構造になっており、アムール側から多量の淡水が流入しています。したがって海表面近くには塩分の薄い層が形成され対流がおこるため海表面は凍りやすくなります。
——————————————————————————–

動物相

 植物連鎖の頂点に立つ大型動物がさまざまな環境に生息しています。陸上動物では、ヒグマ、エゾシカ、海上にはトド、アザラシ、そして空にはオジロワシ、オオワシが舞い、河畔にはシマフクロウが生息しています。知床の自然がいかに原生的な状態で維持されているのかを示しています。
——————————————————————————–

植 物

 海岸植生からミズナラ、イタヤカエデなど広葉樹林、それにトドマツを含む針広混交林、ダケカンバ林、ハイマツ低木林へと移行する垂直分布が見られます。

 また、山稜に至る所に高山植物がお花畑を形づくっています。

野生のエゾシカ・ヒグマ・オオワシを見たことはありますか?
世界遺産に登録された”知床”の魅力を、ご案内いたします。

管理者 道見誠一

 

0716

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.