日本で一番広い面積を誇る360度のパノラマ ナイタイ高原牧場

観光タクシーで行く、ナイタイ高原牧場をご案内いたします。
十勝、上士幌町にあるナイタイ高原牧場は日本一広い、総面積約1,700ha(東京ドーム358個分)の牧場で、牛や馬の放牧を見ることが出来ます。ときどき野生の鹿も現れる、自然いっぱいの高原牧場です。
ナイタイ高原とは?
『ナイタイ川』をアイヌ語でナイ・エタィエ・ぺッ)と言い、「奥の深い沢」という意味があるといわれています。
高原牧場は国営事業によって昭和47年に完成。現在は上士幌町が運営しています。
乳牛の6ヶ月以上の低月齢牛を飼い主より預かり育成し、授精させ妊娠牛として分娩間地くなってから飼い主へ戻すという、育成牛預託専門の牧場です。
夏は約250頭ずつに分けられた11群ほどの牛の群れがのんびりと草原を歩く姿が見られます。

インターネットよりご予約されたお客様はご予約の際にお申し付け下さい。  管理者 道見

 

1009

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.