『帯広人の食文化は豚である』 豚丼の豚はげより参照

豚丼は帯広の食文化そのもの。
豚丼と帯広の縁は古く、開拓時代までさかのぼる。
明治16年、静岡県松崎市より帯広開拓の為、依田勉三率いる晩成社が豚4頭を連れて『オベリベリ(現在の帯広)』に入植したのが始まりといわれ開墾とともに農業の路を歩みだした。
当時では、「牛は牛乳、馬は馬力、豚は食料」と区別され、牛肉を食する習慣を得なかった。
帯広は豚を食らう土地柄となったという。
昭和初期、洋食料理人がうなぎの蒲焼をイメージし、完成させたのが豚丼の始まりと伝えられている。
それから数十年。
帯広に暮らす人々の変わらぬ開拓精神とともに、帯広に根づいてきた食べ物。
それが、帯広名物・豚丼である。
※当社のホームページより御予約されたお客様は一言お申し出下さい。特典有り

 

0111

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.