帯広ばんえい競馬を続けよう!

ばんえい競馬に行った事はありますか?タイムレースの一般的な競馬とは全く異なる競馬です。
 明治の終わりころ、北海道の開拓に活躍した農耕馬を使って農民たちがお祭りとして楽しんだのが始まり。現在の形に発展してすでに50年の歴史があると言われています。
 2つの障害がある200メートルのコースを、最大1トンにもなるそりを引いて走ります。特に2つめの障害の前で一度止まり、一息ついたり、一気に攻めたり、けん制し合うのが騎手のテクニックの見せどころ。そこからゴールまで、馬券を握った観客が声援を送りながら、馬と一緒に小走りで移動していく。人馬一体で駆け抜ける力強さを感じます。
 間近で馬を見るとその大きさに驚きます。サラブレットの2倍もあろうかという巨躯。ばんばは「どさんこ」と思い込んでいましたが、実はペルシュロンというフランス原産の馬。使役に使われていただけあって風格があります。
また通称「ばんば」は、世界で北海道だけにある競馬として、2004年、北海道遺産に指定されました

 

0205

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.