「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」(上士幌町)

昭和初期に十勝内陸の産業開発を目指して建設された第1級の鉄道遺産。市民と産学官が一体となった運動の結果、34橋梁が保存された。中でもタウシュベツのアーチ橋は、糠平湖の水位によりその姿を変える「幻の橋」として近年人気が高まっている。地元の担い手たちの積極的な活動は産業遺産の保全・活用モデルとして全国的に知られている。

※当社のホームページより御予約されたお客様は一言お申し出下さい。特典有り

 

0518

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.