北海道洞爺湖サミット Hokkaido Toyako Summit

○北海道洞爺湖サミットのコンセプト

【安全・静穏】  豊かな対話を実現する安全で静穏な環境

【コンパクト】  近年の傾向に適合したコンパクトで効率的
な開催

【環境との共生】 環境重視の日本を世界にアピール

○洞爺湖

北海道南西部に位置する。洞爺カルデラ内にできた湖で、面積は日本で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖、支笏湖に次いで3番目の大きさ。

東西約11km、南北約9kmのほぼ円形の湖で、中央に浮かぶ中島(面積4.85km2)の最高点(標高455m)を中心として東北東~南東~南南西にかけての領域が壮瞥町、他は洞爺湖町の区域となっている。

アイヌの人々は洞爺湖のことを「キムン・トー」(山の湖)と呼んでいたが、湖の岸を意味する言葉「トー・ヤ」が和人により湖名とされた。

時折「どうやこ」と呼ばれることがあるが、これは誤りである。誤って記憶している北海道民やアナウンサーも多い。なお、公的機関や著名な企業の名称の「洞爺」はすべて「とうや」と読まれる。

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.