十勝明治オーバル『世界スプリント開催』

16、17の両日、明治北海道十勝オーバルで行われる世界スプリントスケート選手権大会帯広大会に出場する各国選手団が続々と来帯し、12日から本格的に氷上練習を開始しました。同日は日本、カナダ、米国、フィンランド、オランダなど10カ国の選手たちが氷の感触を確かめていました。

 短距離の王者を争う世界スプリントの日本開催は6年ぶり。同オーバルでは先週末の世界オールラウンド選手権アジア地区予選会に続く国際大会となるが、欧州、北米を含む世界規模の大会は今回が初めてとなる。

 日本男子代表の長島圭一郎(日本電産サンキョー(日大、池田高出)、小原唯志(日本電産サンキョー(明大、白樺学園高出)、羽賀亮平(日大 白樺学園高出)は全員十勝出身。女子は4選手が出場する。

 12日の練習には今季W杯で勝利している韓国のイ・ギュヒョク、フィンランドのミカ・ポウタラなど男子の有力選手の姿も。バンクーバー五輪の前哨戦となるハイレベルのレースが見られそうです。

弊社をご利用いただいております、各国選手団並びに報道局、関係者様各位の皆様のご健勝を心より祈っております。

少人数から団体まで、各種車両をご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください!
 

十勝・帯広タクシーでのご移動や北海道観光は当社にご用命ください♪

 

0111

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.