観光タクシー案内【グルメ】

文化バナー(2)

 北海道はグルメ王国です。野菜・海鮮・お肉どれもとっても美味しいものばかり。

お腹いっぱいお召し上がりください。グルメを楽しむのも旅の醍醐味です♪ 

《道東エリア》

3種1

 

 

『十勝産の新鮮な野菜』
十勝の食料自給率は1,100%。十勝産食材にこだわった飲食店が多数。

 

 

 

豚丼 はげ天

 

『豚丼』

帯広市民のソウルフード豚丼。市内には多数の有名店があり、祝祭日は長蛇の列ができている。

 

チーズ

 

 

『チーズ』

十勝の新鮮な生乳を使った、ナチュラルチーズ。たくさんのチーズ工房がある。

 

 

六花亭

 

 

『六花亭本店』

十勝を代表する銘菓。焼き菓子だけでなく、生菓子もある。

 

 

柳月スイートピアガーデン

 

『柳月スイートピアガーデン』

十勝を代表する銘菓柳月の工場とショップが複合した施設。

 

 

 

勝手丼

 

 

『和商市場 勝手丼』

釧路市民に愛されている地元の台所「和商市場」。ここでは、ごはんの入った丼を持って市場内を廻り、各お店で、自分の好きな海産物を選び、オリジナルの海鮮丼を食すことができる。 

 

サーモンいくら丼

 

『知床の海鮮』

知床は、海鮮グルメの宝庫。お腹いっぱい新鮮な北海道の海の幸を楽しめるのも最大の魅力。サーモン、イクラは絶品。

 

 

タラバガニ・毛ガニ無料写真素材4

 

『網走のタラバガニ』

網走といえば、なんと言っても本タラバガニ。鱈(タラ)の漁場で採れることからこの名がつきました。脚を広げると1m以上にもなるものもあり、甘く濃厚な味は、カニの王の名に恥じない美味しさ。

 

《道北エリア》

メロン『富良野メロン』

寒暖の差が大きい北海道の富良野で育った赤肉の富良野メロンは絶品。各農家が経営する路面店で購入が可能。味見ができるのも魅力的。

 

 

 

旭川ラーメン『あさひかわラーメン村』

1996年、旭川が誇るべきラーメン文化をもっと広くしってもらおうという市民意識の盛り上がりの中に誕生した。先人の努力の歴史を受け継ぎ、さらなる高みへと導くために、8つの店が切磋琢磨しながら、旭川ラーメンを全国へ、そして世界へと発信している。

《道央エリア》

すすきの『すすきの』

日本でも屈指の一大歓楽地。札幌ラーメン、ジンギスカン、カニ料理など、様々な飲食店がひしめいている。居酒屋やバー、スナックなどのナイトスポットも密集している。新スポットの屋上観覧車「ノルベサ」も大人気。

 

元祖さっぽろラーメン横丁

 

『元祖さっぽろラーメン横丁』

札幌といえば「みそラーメン」という伝説を全国に広めた、ラーメン店複合施設。昭和の時代から市民に愛され続ける美味しい名所。お酒の後の〆としてどうぞ。

 

白い恋人パーク

 『白い恋人パーク』

札幌を代表する銘菓「白い恋人」の製造工程を見学できるファクトリーウォークや、「白い恋人」が作れるお菓子作り体験工房、チョコレートの歴史やアンティークのカップの展示など、見どころ盛りだくさんの施設。

 

小樽寿し

 『小樽寿司屋通り』

小樽といえば言わずと知れた寿司の街。寿司屋通りには、新鮮なネタが豊富に揃う寿司屋が20軒立ち並ぶ。市内には100軒以上の寿司屋があり、地元産のウニ・イクラは絶品。 

 

 

 

ウニ丼

 

 『積丹のウニ』

北海道・積丹半島のウニは絶品。絶品の

ウニ丼を求め、全国 から観光客がやってくる。例年、ウニ漁の解禁は6月から8月まで。漁期が短いので、夏しか食べることのできない積丹半島のウニは格別。 

《道南エリア》

活イカ刺身『活イカ』

函館市はスルメイカの名産地。その日の朝に獲られた、新鮮な「イカ刺し」、「イカソーメン」を食べることができる。透明に透き通った身と、コリコリとした食感は、たまらなく美味しい。

 

カテゴリー

過去の記事

Copyright © TaishoKotsu. All Rights Reserved.